花粉症

花粉の時期はコンタクトレンズはやめてメガネを着用

投稿日:2018年6月3日 更新日:

 コンタクトレンズに付着する花粉が症状を悪くさせます

普段コンタクトレンズを使っている人は多いと思います。一度コンタクトレンズを使いだすと、メガネに戻ることは難しいですよね。見た目の印象が変わってしまうので、どうしてもコンタクトレンズをつけ続けたくなるんじゃないでしょうか。実は私もそうです。
ただ、そんな方でも花粉の時期はコンタクトレンズではなく、メガネをかけたほうがいいです。

というのも、コンタクトレンズの表面に花粉が付着してしまうので、花粉症の症状がさらに重くなると言われているからです。

やっぱりコンタクトレンズがいいという方はワンデーにしましょう

でも、やっぱりメガネは嫌だという方は、ワンデーコンタクトレンズを使用することをおススメします。2ウィークや1ヶ月タイプを使っている方もいると思いますが、花粉の時期だけは、ワンデーコンタクトにしましょう。2ウィークや1ヶ月タイプを利用している方もきちんと洗浄しているかと思いますが、やはり新品に比べると清潔さは劣ってしまいます。つまり、花粉を完全には洗い流すことは難しいです。ワンデーであれば、毎日新品ですので、花粉が全くついていないコンタクトをつけることができます。

ワンデーも嫌だという方は過酸化水素タイプの洗浄液がおススメ

花粉対策はしたいけど、わざわざワンデーに変えることはしたくないという方は、洗浄をより丁寧にすることと、長時間の着用はやめたほうがいいですね。帰宅したらすぐにコンタクトを外しましょう。
花粉はなかなか落ちづらいので、コンタクトの洗浄には、普段よりもより入念にこすり洗いをして下さい。また、洗浄消毒効果の強い過酸化水素タイプの洗浄液を使ってみるのもいいかもしれません。

過酸化水素タイプ洗浄液

最近の花粉症対策メガネはオシャレ

花粉症の症状が重い方は、見た目の印象はこの時期は気にせずに、メガネに変えてみましょう。より効果を出したいということであれば、各メーカーが出している花粉症対策メガネがおススメです。
花粉症対策メガネは、通常のメガネの内側に張り出した部分があって、ゴーグルのような形をしていて、目とメガネの間の隙間を小さくすることで、目に花粉が入りにくくしています。こう聞くと、なんかダサそうという印象を持つかもしれませんが、最近の花粉症対策メガネは結構オシャレになっていて、内側に張り出した部分も透明だったりするのであまり気になりません。花粉症でお悩みの方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

有名なところでは、JINZ(ジンズ)とZoff(ゾフ)が出しています。花粉症対策メガネに興味のある方は、一度覗いてみて下さい。

ジンズ(JINS) ゾフ(Zoff)
(Visited 6 times, 1 visits today)

-花粉症
-, , ,

関連記事

花粉をまき散らさない無花粉杉

今、日本国内では花粉をまき散らすスギの伐採が進められていますが、伐採された後にまたスギが植えられています(詳しくは「花粉をまき散らすスギの伐採で花粉症はなくなるのか?」をご覧下さい)。 スギを伐採して …

国民病になってしまった花粉症

国民の3人に1人がかかる花粉症 国民の3人に1人がかかっていると言われる花粉症。東京都が2017年12月に発表した内容によると、都内における花粉症推定有病率は48.8%。つまり、都内に住んでいる人の半 …

鼻うがいで花粉を洗い流そう

花粉症の時期は、鼻水・くしゃみに悩まされる方が多いと思います。初期療法などの治療でだいぶよくはなりますが、それでも鼻水・くしゃみは出てしまうものです。そんな方には、鼻うがいを是非試してほしいと思います …

花粉対策マスクを着用して花粉をブロック

マスクの着用で花粉をブロック 花粉症の方はすでに実行していると思いますが、花粉の時期の必需品は何といってもマスク。花粉の時期になると、マスクを着用する人が急激に増えて、外国人から見ると、少し異様な光景 …

初期療法で花粉症を乗り切ろう

花粉症対策のための、無花粉杉を植えたり、花粉を餌にするカビの研究などの取り組みが行われていますが、当面はスギの花粉がなくなる見込みはないので、花粉症の方は、花粉の時期を乗り切るために、きちんと対策をす …