インナーシャツ(肌着)の選び方・ポイント

インナーシャツ(肌着)の選び方・ポイント

ワイシャツを着るときに欠かせないインナーシャツ(肌着)。

おそらく、ほとんどの方はインナーシャツを着ていると思いますが、中にはインナーシャツを着ていない人もいると思います。

ワイシャツを直接着ると清潔さを維持しにくいですし、ワイシャツを直接着ていることに対して不快に感じる女性もいますので、インナーシャツを着ていない人は、インナーシャツを購入して着用するようにしましょう。

今回は、インナーシャツの選び方・ポイントについてまとめました。

 

ポイント、選び方

インナーシャツにもいろいろな種類があります。色、形、素材などです。

インナーシャツを選ぶ時のポイントをまとめましたので、参考にして下さい。

 

目立たない色のインナーシャツを選ぶ

インナーシャツは、あくまで下着です。インナーシャツの上にワイシャツを着用すると思いますが、ワイシャツが主役で、インナーシャツはわき役ですね。

インナーシャツの色が透けてしまう、文字やデザイン付きのものでワイシャツから文字やデザインが見えてしまうことはNGです。

インナーシャツを選ぶときは、無地で、色はワイシャツからも透けない色を選びましょう。

インナーシャツの色は、白が王道ですが、ベージュは肌の色にもあっていて、インナーシャツが透けることがないので、おすすめです

 

インナーシャツが見えるような形のシャツはやめましょう

インナーシャツの襟の形は、丸首、Vネック、Uネックなどの種類があります。

丸首のインナーシャツも全然いいんですが、ボタンを外すとインナーシャツが見えてしまうことがあります。

インナーシャツが見えるというのは、あまりよくないので、ボタンを外してもシャツが見えないものを選びましょう。

特に夏場は、ボタンを外していることも多いと思いますので、夏場に丸首のインナーシャツを着ることは要注意です。

ネクタイを常につけているという方は、丸首でも大丈夫ですよ。

例えば、夏場はVネックやUネック、冬は丸首のインナーシャツを着るというように、季節によって変えるのもありですね。

夏場は半袖のワイシャツを着る方は、袖からインナーシャツがはみ出ないように注意が必要です。袖の長さも選ぶときのポイントですね。

 

自分に合った素材のものを選ぶ

最近は、インナーシャツにもいろいろな機能があって、通気性や速乾性のある素材を使っているシャツや、消臭効果があったり、抗菌成分を含んだシャツもあります

どのシャツが合っているかは、実際に着てみるしかありません。着たときの肌触りや、汗をかいたときの感じ方を通して、ご自身に合ったシャツを探しましょう。

色々なメーカーがインナーシャツを販売していますが、おすすめのインナーシャツは、そこまで多くありませんので、おすすめのシャツを色々試してみて、自分に合ったシャツを見つけてください。

まずは1枚だけ買ってみて、実際に着てみて、ご自身に合うかどうかを確かめてみてください。

 

 

インナーシャツの色は、ベージュがおすすめです。

インナーシャツの王道は、白ですが、白いシャツは肌の色と違うので、シャツと肌の境目が見えてしまって、インナーシャツを着ていることがわかってしまいます。

できれば、インナーシャツを着ていることがわからないようにしたほうがいいです。

肌と一番近いベージュのシャツであれば、インナーシャツを着ていることがわかりにくく、シャツが透けてしまうこともなくなります。

インナーシャツは、それだけを着るということはないですが、インナーシャツだけ着ていても、見栄えのいいものがほしいという方は、ライトグレーのインナーシャツもおすすめです。

ベージュほどではないですが、ライトグレーのシャツは、肌の色に近いので、白のシャツよりは目立たないです。

注意点としては、文字やデザインのあるシャツは選ばないことです。文字やデザインがあると、透けてしまいます。ビジネスシーンで利用するワイシャツの下に着るシャツとしては、無地のシャツを選ぶようにしましょう。

 

襟の形

インナーシャツを選ぶときには、襟の形も重要です。

襟の形によっては、インナーシャツが見えてしまうこともありますので、注意が必要です。

インナーシャツの襟の形は、丸首、Vネック、Uネックが一般的です。

おすすめは、VネックかUネックです。この二つであれば、インナーシャツが見えてしまうことはまずないので、安心して着用できます。

インナーシャツが見えてしまうパターンとしては、ネクタイをしないケースです。特に、ワイシャツの第一ボタンを外したい方は、インナーシャツが見えてしまう可能性が高くなります。

インナーシャツのVネックやUネックは、襟元が深くなっているので、第一ボタンを外してもインナーシャツが見えることはないので、安心です。

丸首については、ネクタイを着用する場合であれば、全く問題ないですが、ネクタイを着用していない場合は、シャツが見えてしまうことが多いので、注意が必要です。

丸首タイプのインナーシャツを着用されたい方は、丸首のシャツとともに、VネックやUネックのシャツも買うようにしましょう。

 

 

袖の長さ

インナーシャツの袖の種類としては、半袖、長袖、ノースリーブ、タンクトップがあります。

おすすめは半袖ですね。半袖であれば、季節にかかわらず着ることができます。

但し、夏場に半袖のワイシャツを着たい方は、ノースリーブのインナーシャツも用意することをおすすめします。半袖のワイシャツの下に、半袖のインナーシャツを着ると、どうしても、袖口からインナーシャツが見えてしまいます。ノースリーブであれば、袖口からもインナーシャツは見えないので安心です。

但し、ノースリーブだと、脇汗がシャツに染みてしまうことがありますので、その点は注意が必要です

タンクトップのインナーシャツは、正直おすすめはできません。機能性としては問題ないんですが、ワイシャツからインナーシャツが透けてしまうからです。ビジネスシーンには不向きですね。

長袖のインナーシャツは、冬場にはかなり役に立ちます。冬場は寒いので、半袖のインナーシャツよりも、長袖のほうが保温効果もあります。

9分袖や、7分袖のインナーシャツもあります。9分袖、7分袖であれば、袖口からはみ出ないので安心ですね。

 

素材

インナーシャツを選ぶときは、素材にも注目してほしいです。

抗菌、消臭、速乾機能や接触冷感などの様々な機能のあるインナーシャツが販売されています。

特に夏場は、汗をかいてしまうので、接触冷感や、吸湿速乾、防臭抗菌などの機能のあるものがおすすめです。

各素材については、メーカーサイトに詳しく掲載されていますので、どういった機能があるのかを知ったうえで、購入することをおすすめします。

素材については、ポリエステルといった化学繊維をベースにした機能性素材のインナーシャツがおすすめです。抗菌、消臭、速乾機能などを備えていますし、着心地も抜群です。

化学繊維ではなくて、コットンがいいという方は、綿混素材のインナーシャツがおすすめです。綿混素材は、コットンが持つ肌触りを保ちつつ、速乾性などの機能があります。

機能性素材や綿混素材以外にも、竹レーヨンという少し聞きなれない素材もおすすめです。吸水性が高く、汗をかいてもすぐに吸収してくれますし、なんといっても抗菌消臭効果が高く、インナーシャツを清潔に保ってくれます。

ベースの素材以外にも、UVカット効果があるものや、汗パッド付のインナーシャツもありますので、好みに合わせて、ご自身に合ったインナーシャツを探してみてください。

 

(Visited 12 times, 1 visits today)

ファッションカテゴリの最新記事