加圧シャツを使うにあたっての注意点

加圧シャツを使うにあたっての注意点

加圧シャツを着用するときの注意点

ダイエット効果や筋トレ効果があると注目されている加圧シャツ。

注目されているだけあって、代謝がよくなりダイエットに成功した方や、筋力がついて鍛え上げられた理想の体型になった方がたくさんいます。

加圧シャツはさまざまないい効果をもたらせてくれます。

ただ、加圧シャツは体に加圧を与えるので、着ていると少し苦しいと思うものもあります。

使い方を間違えると、体調を崩したりもしますので、加圧シャツの注意点を守って着用するようにしましょう。

 

体型にあったサイズを選びましょう

小さすぎるシャツは、痛みやしびれの原因。神経麻痺や血流障害にもつながることもあります。

また、サイズにあった加圧シャツでも、重ね着はやめましょう。1枚でも十分効果があるものを2枚着用するのは、体に過度の圧力を与えてしまうことになるので、おすすめできません。

就寝時には着用しないようにしましょう

加圧シャツは、常に体に圧力がかかるので、寝苦しくて、睡眠の質が低下することになります。加圧シャツの中には、保温効果があるものもありますので、特に夏場に保温効果ありのシャツを着用した場合は、暑くて、汗をかきすぎてしまうこともあります。睡眠時に過剰に汗をかくことは危険ですので、注意しましょう。

但し、加圧力が低く、就寝時も着用できるものもありますので、就寝時に着用可能なものであれば、寝るときに着ていただいても大丈夫です。就寝時に着用したい方は、着圧が強すぎず、伸縮性の高い加圧シャツを選びましょう。

就寝時に加圧シャツを着たいという方には、スパルタックスがおすすめです。

長時間の着用はやめましょう

加圧シャツを長時間着用すると、気分が悪くなったり、体調が悪くなったり、頭痛の原因になったりする場合があります。ずっと体に圧力がかかっているので、あまり長時間着用することはおすすめしません。

特に、血圧が低い人や貧血気味の人は注意が必要です。

加圧シャツは、運動時、筋トレ時に着用することがおすすめです。

体調がよくないときは着用しないようにしましょう

加圧シャツは、体調がいいときに着用すれば、特に問題ないですが、体調が悪いときに着用すると、体が受けている圧力で、気分が悪くなったりする原因にもなります。

体調がよくないときは着用せずに、体調がいいとき、運動・筋トレ時に着用するようにしましょう。

加圧シャツ着用で効果が出る期間は?

加圧シャツを着用してトレーニングすることで、筋トレ効果やダイエット効果は確実に高まりますが、そうはいっても、数日で効果がでるということはありません。

一般的には、2ヶ月~3ヶ月くらいかかると言われています。

ただ、見た目への変化が出てくるのは少し時間がかかりますが、体感としては、もう少し早くから効果を感じることができます。

まず、加圧シャツを着用してトレーニングをし始めると、より筋肉が刺激されるので、通常より筋肉痛になりやすく、トレーニングをしたことをより実感することができます

また、1ヶ月くらい経つと、体重が減少し始めて着たり、筋肉量の増加、体脂肪の減少などの効果が出てきますまだ、体型や見た目は変わらないかもしれませんが、数値の改善がみられるのは、うれしいですよね。

数値が徐々に改善した後、ようやく体型が変わってきて、見た目でも効果を感じることができます。

あくまで、一般的な話なので、人によっては効果が出るのはもう少し早かったり、遅かったりすると思います。

ポイントとしては、すぐに体型や見た目が変化することはないと理解した上で、筋肉が刺激されることによってトレーニングの効果を体感すること、体重や筋肉量などの数値の変化をチェックすることで、モチベーションを維持しましょう。

注意点は、加圧シャツを着たから、食べすぎでも大丈夫などとは思わないことです。
加圧シャツを着ることで筋トレ効果やダイエット効果を向上させることはできますが、あくまでサポート商品です。
加圧シャツを着て、効果を出すためには、定期的にトレーニングをし、食事も適度に取るようにしましょう。

 

加圧シャツの手入れ

加圧シャツは、その伸縮性の高さで、上半身に加圧力を与えて、筋トレ効果やダイエット効果をアップさせます。

きちんと手入れをしないと、加圧力がなくなって、すぐに買い替えないとダメになってしまいます。加圧力を維持して、長く着続けるためには、きちんと手入れをしましょう。

そんなに手間がかかりませんので、是非試してください。

できれば手洗い、洗濯機を使う場合は洗濯ネットを使いましょう

洗濯機で洗うと、どうしてもシャツを伸ばしたりして、伸縮素材にダメージを与えてしまいます。

できるだけ伸縮素材にダメージを与えないためには、手洗いがおすすめです。

でも、手洗いは面倒ですよね。そんな方は、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗濯しましょう。

そのまま洗濯するよりも、加圧シャツに対するダメージをかなり抑えることができて、寿命を長くすることができます。

日陰の自然乾燥、洗濯機の乾燥機能は使わない

洗濯し終わったら、日陰で自然乾燥するようにしましょう。

洗濯機の乾燥機能は、加圧シャツにダメージを与えてしまうので、使わないようにしましょう。加圧シャツにとって、乾燥機能で乾燥するときの高温の温風は大敵です。伸縮機能にダメージを与えてしまいます。

加圧シャツには、速乾性が高いものが多いので、日陰干しでも十分に乾きますよ。

 

一般的に、加圧シャツの寿命は半年くらいと言われています。もちろん着る頻度によって違います。

きちんと手入れをすることで、加圧シャツの寿命を延ばして、長く着続けるようにしましょう。

 

(Visited 22 times, 1 visits today)

加圧シャツカテゴリの最新記事